パワーストーンの紹介や浄化法、石の色々なお話をご紹介^^ 石選びのご相談も
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ルチルとイエローヘアークォーツ
2015-03-10 Tue 06:17
イエローヘアークォーツ

          SN3O0137.jpg

 
水晶に針状のインクリュージョンが細かい毛の様に見えています。
ラビットヘアールチルクォーツなどとも言われていますが、ルチル(金紅石)ではなく角閃石の一種がインクルージョン(内包)されているそうです。 半透明の部分は、液体インクルージョンになり、ミルキークォーツと同じになります。
  
 
                 *・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・
 

ルチルの和名は「金紅石」で、二酸化チタン(TiO2)の結晶の一つです。
同じ組成式で表される鉱物に鋭錐石(アナテース)、板チタン石(ブルッカイト)があります。


このルチルが石英(水晶)に内包されたものがルチルクォーツとも呼ばれる「ルチルレイテッドクォーツ」です。
 
 
ルチルクォーツに内包されたルチルには、ゴールド・レッド・シルバーなどがあり、その他の色のものは、商業上ルチルクォーツと呼ばれていますが、鉱物的に言えばルチルではありません。

グリーンルチルと呼ばれるものは、グリーントルマリン や アクチノライト の繊維。
ブラックルチルと呼ばれるものは、ブラックトルマリン の繊維です。
ルチルクォーツは、その形の違いでも呼び名が違ってきます。
細かくフワフワした感じのルチルは「エンジェルヘアー」や「ラビットヘアー」と呼ばれたりします。
 
 
 
因みにプラチナルチル・・・これはプラチナが入っているわけではなく、白金色のルチル(金紅石)が内包されているものです。
元々、ルチルは金色で金運を招くという縁起物。
そこで、金色に輝かず商品にならない売れ残りを「プラチナルチル」と名付けて商品価値を上げたというものです。

最近はそう言ったものが多く、透明度の低いクォーツ(水晶・アメジスト・ローズクォーツなど)を「ミルキー○○」と言ったり、白い層が混じるアメジストを「ケープアメジスト」と、商品名を付けて販売していますね。
  
それはそれで可愛らしくて良いのですが、後付けの意味合いまで用意されてるのが、私としてはどうかな?と思う所です。
 
良質の物の産出量が年々減少しているので、仕方がないのかな?とも思いますが、基本的な意味合いは変わらない事を知って頂きたいなぁと思います^^


スポンサーサイト
別窓 | 天然石の色々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<天然石・宝石・パワーストーン・・・そして浄化 | 宙の欠片 | イベント出店のお知らせ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。