パワーストーンの紹介や浄化法、石の色々なお話をご紹介^^ 石選びのご相談も
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2016-02-17 Wed 20:48
最近気になった事・・・
ピンクエピドートインクォーツ


ピンクエピドートインクォーツ(マンガンエピドートクォーツシスト)

   クォーツシスト(石英片岩)ってなに?って思いますよね?
   クォーツ=石英   シスト=片岩



エピドート(緑簾石)言うと緑色の鉱物です。
それがピンク色だからピンクエピドートと呼ばれていたりしますが、エピドートにマンガンが入った?とか、エピドートの鉄分がマンガンになったから?とか…

でも、FeがMnに置き換わったもの・・・という事は、エピドートの発色は鉄?で、それがマンガン(Mn)になると赤くなる?(´・ω・`)

緑簾石 Ca2Fe3+Al2(Si2O7)(SiO4)O(OH)(ケイ酸塩鉱物)

 

まずは此処まで・・・・ 

 

・・・・で、うん???となるのですよ~

だって、コレ↓↓ 

紅廉石 Ca2Mn3+Al2(Si2O7)(SiO4)O(OH)

これってFeがMnに置き換わってるよね?
こうなると、鉱物名も別にあって、紅簾石・・・・そうなると・・・・・・ピーモンタイト(*゚Д゚*)ェ...

シリシャシストとかピーモンタイトシストと売られてる石が思い浮かぶ訳で・・・
これですよね? ピーモンタイトロードナイトにも似てるけど、これまた別物
 
でも、これは石英片岩ではなく、珪質片岩
紅簾石を含む珪質片岩・・・らしい…コマッタ(・ω・; ゞ
 
石英(SiO2)、これもケイ酸塩鉱物で、緑簾石と同じ・・・ですよね~
  (紅簾石は緑簾石のグループに入る)
  石英というと、分りやすく言うと水晶なわけで…
石英片岩と珪質片岩を調べると、同じという解釈をしているものと、別のものという物がある・・・結局どうなの?

細かくなるけれど、クォーツシスト(石英片岩)、ピーモンタイトシスト(紅簾石片岩)、ピーモンタイトクォーツシスト(紅簾石石英片岩)があるって~ことか?と考えてしまうわけです(´・ω・`)
 

含まれる石英の割合なのか?
結晶の大きさなのか?
圧力や熱が加わって再結成したりの生成の違いなのか?


こればかりは専門で学んでないからわからん!

気になるわ~




ちょいと似た物同士を扱う事があって、気になってしまいました。
スポンサーサイト
別窓 | 天然石の色々 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<イベントまで1週間 | 宙の欠片 | イベント出店致します☆>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。