パワーストーンの紹介や浄化法、石の色々なお話をご紹介^^ 石選びのご相談も
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
最近思う事・・・疑問?
2013-04-29 Mon 12:36

自宅の引っ越し後も落ち着かず、新居での水漏れなど修繕完了までに1か月半・・・前住居のベランダにあったプランターは凍って撤去出来ずに延び延びになってしまったり(>_<)

最近になって、やっと落ち着いたところでした~

そして、久しぶりに近場の石屋さんを覗いて見たのですが・・・

なんだか透明感は無く、色鮮やかなレモンイエローのキャンディーのような石があって「なんじゃこりゃ?」って思っちゃいました。



ガスペイトマグネサイト

その石と言うのは「ガスペイト・マグネサイト」=最近まで通称レモンクリソプレーズと呼ばれていた石なんですが・・・


このレモンクリソプレーズは本来のクリソプレーズとは全くの別物で、鉱物名がガスペイト・マグネサイト・クォーツというので、ショップでも通称名ではなく、鉱物名での販売をするところが増えたようです。

思わず店員さん居に「コレって染色ではないですよね?」って聞いちゃいました^^;

レモンクリソプレーズは、ガスペイトの変種に属します。正式には鑑別結果は、ガスペイト・マグネサイト・クォーツと出ます
「ガスペイト」に「マグネサイト」と「クォーツ」が混ざり合って結晶化したもの…との事ですが、混合の割合によって淡い色になったり、緑が強く出たり、くすんだ色になったりするようです。♪

今まで私は出来るだけナチュラルな色(天然色)の石を扱ってきました。

この石も天然の色で染色ではないようですが、染色であったとしても“コレはコレで可愛いかも”とも思ってしまいました。

でもココで疑問・・・

「ガスペイト・マグネサイト・クォーツ」と「レモンクリソプレーズ」の意味が違うのはなぜ?



★ガスペイトマグネサイトクォーツ
無限の可能性を引き出す力を授けるとか、感受性を高める。状況を把握し発展させる力とか・・・


★レモンクリソプレーズ
不安を和らげ、感情をを静めてくれる。人間関係などでは受容性を高め受け入れることを教えてくれるので、人に優しくしたい時に身に付けると良い。
恋愛面ではひたむきな愛情を注ぐあなたに、お相手もそれ以上の愛で応えてくれ、理想的な関係を築けるように導いてくれる。



同じ石で、どうしてこのような違いが出るのか・・・??????ですよね?


でも、店頭に並べられた石には「通称名レモンクリソプレーズ」で流通していたということは表示されていないんです。
ですから、知らない人は新たなパワーストーンと思い購入してしまう・・・





古くから先住民に語り伝えられてきた石の伝説があるものは、そのまま「パワーストーンの伝承・意味・効果」などと言われています。

でも鉱物って今も年間、数種類~数十種類、また100を超える新たな物が見つかっています。
その中には、新たにパワーストーンとして登場し、店頭に並ぶ石もあります。
店頭に並んだ石には何らかの意味が付けられていますが、これって結局は「後付の意味」ですよね?


少し前に流行した「スーパーセブン」というパワーストーンも、鉱物で見るとインクルージョン(内包物)のある水晶(スモーキークォーツ・アメジスト・ロッククリスタル)で、ある有名なヒーラーさんが特別なパワーを感じた石で、7つの鉱物要素から構成されている所から「スーパーセブン」と言われるようになったそうですね^^;
しかも特定の鉱山(今は閉鉱)から採れた物以外はスーパーセブンではないとか・・・


最近は違う鉱脈から採れることと、ビーズなどに加工されると7つの要素が全て揃わないことから、内包物の名前をとって「○○エレスチャル」とか「ゲーサイトインクォーツ」とか呼ばれ方も変わったようですが・・・


でも更にツッコミを入れたいのは「○○エレスチャル」のエレスチャル・・・
水晶が出来る時の硅酸の純度や温度・圧力などによって、それぞれ形成のされ方が違うようですが、エレスチャルというのは「窓水晶」とか「骸晶」と呼ばれて、複数の結晶が固まって(集まって)ゴツゴツした物や、エッジのあるものではないかと・・・(>_<)


また「ゲーサイトインクォーツ」にも色々とあるようですが、その中でもよく耳にするのは「ストロベリークォーツ」などがそうですね^^


ケープアメジストやラペンダーアメジスト・ミルキーアメジストなども、以前はアメジストの中でも宝石質ではなく、質が悪いとさえ言われていた物・・・
ローズクォーツもミルキーだとか・・・
それが、今ではパワーストーンの種類として店頭に並ぶ・・・そして新たな意味が付けられる・・・

以前はグレードが低いとか、内包物が多いとか、色が薄いとか、透明度が低いとか・・・そんな理由で高品質と比べて低価格だったものが、名前を付けて知名度が上がって、需要が増えてくると価格もそれなりになる・・・


これってどうなんだろう?って最近特に考えてしまいます(>_<)




★。.:+:゚☆゚:+:.。★。.:+:゚☆゚:+:.。★。.:+:゚☆゚:+:.。★。.:+:゚☆゚:+:.。★。.:+:゚☆゚:+:.。★





ずいぶんと話が逸れてしまいましたが・・・



今までの通称名ではなく、鉱物名で販売をするのなら、しっかりと以前の通称名を表示するべきだと思いますし、意味を変える必要もないですよね?

スポンサーサイト
別窓 | ヒトリゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お知らせ | 宙の欠片 | 悩み・希望・・・沢山の声を頂きます>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。